上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は上野原市の地域おこし協力隊の方がきました!

事前に地域おこし協力隊の森と質問内容の連絡を取り合っていたので、
中身の濃い内容となりました。

0527上野原2
「うーん」と質問内容にみんなで考えました。
業務内容や地域との関わり方…など聞きたいことは尽きません。



0527上野原3
活動二年目になる森から初年度の活動内容について報告がありました。


小菅村の地域おこし協力隊は第四期目を迎えました。
少しづつですが、ノウハウも蓄積されてきました。
そのノウハウが少しでも役に立てればと思います。

上野原市の地域おこし協力隊の皆さん、
また小菅にいらして下さい!
お待ちしています。


スポンサーサイト
NPOでは今年度の事業の一つに獣害対策を行っています。

具体的にはどのようなことをしているかというと…。

サルに発信機を付けてサルの行動を追うことで、
群れの行動の把握をしていきます。

すごく大雑把ですが、
テレメトリー調査と言うそうです。

0526テレメトリー1
発信機を付けたサルの電波を拾います。
これにより、群れの位置を把握します。



0526テレメトリー2
こちらはサルの大好きな「ニセアカシア」の花です。
この花を食べるついでに農作物のじゃがいもなどを食べるため、
小菅の農作物が被害にあいます。

サルの目撃情報がありましたら、
NPO法人多摩源流こすげまで
ご連絡下さい。

よろしくお願いします!
今日は山沢の草むしりとじゃがいも畑の土寄せ(つちよせ)をしました。
土寄せは株もとに土を寄せることで
夏の暑さや病気からじゃがいもを守ってくれます。

じゃがいもは種芋より上の部分の茎から
別れてできるそうです。
種芋より上にできるなんて想像していなかった。

土寄せ1
慣れない作業に悪戦苦闘しながら、
地域おこし協力隊の中村・寺田も頑張りました!


土寄せ3
雑草もなくなり、きれいになりました。
これからの時期は雑草との戦いになります。

美味しいじゃがいもが育ちますように。
昨年の11月にオープンしたネットショップの
チラシが出来ました。

村の方ともこのサイトを育てていきたいので、
販売したい商品がありましたら
ぜひ声をかけて下さい。


0522小菅村のお店
まだ見たことがい方はこちらをクイック!!

■「小菅村のお店」
http://kosugemura-shop.com/

山を歩いているとき

「あの植物なんだろう・・?」

と思うことはありませんか?

そんな疑問に答えるべく、
植物の専門家に来ていただき
源流体験の道を歩きながら
スタッフ向けの植物勉強会を行いました。

t2015052001.jpg

これはなんだろう・・と上を見上げるスタッフ一同。
この木はミズメ(ヨグソミネバリ)というそうで、
枝を折ると湿布のにおいが!
面白いですね。

それから小菅に多いのがカエデ!もみじですね。

t2015052002.jpg

これは「ヒナウチワカエデ」。
日本は世界でもカエデの種類が多いそうで、
ヨーロッパやアメリカ大陸では2~3種類ずつしかないそうですが
日本はなんと30種類ほどもあるとか!

スタッフもあまりの多さに頭を抱えていました・・。

それから村の花といえば「ミツバツツジ」!
t2015052003.jpg

葉っぱが三つに分かれているのでわかりやすいですね。

そして村の木「ヒノキ」(天然です!)
t2015052004.jpg

村の木として定められた際、
「天に向かって真直ぐに伸びゆくその姿は、小菅村民の気質と相通じるところがある。」
と書かれているそうです(昭和44年5月1日 告示第4号)。


今日勉強した植物はなんとおよそ70種類!
まだまだあるそうで植物マスターへの道は遠いですね・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。