FC2ブログ
次回、9月5日木曜日の村ツアーは

わ さ び」です。
前回は残念ながら中止となってしまいましたが、秋になって再び開催いたします!


山の奥深く、何時間も歩いてやっと行ける場所、
涼しくて本当の綺麗な水が流れる沢でこそ、良いわさびが育つというもの。

それゆえ、これまで獣害や天災によって畑が荒れてしまうことが多く、
その度に石を積み直して、辛抱強く田んぼを作り直してきました。


CIMG0853.jpg

しかし、高齢化の波もあり、年々わさび田は減る一方です。

そんな中で、今も親子でわさびを作り続けている小永田地区の「河村食品」さんが、
今回のガイドを務めてくださいます。

車を止めてずっと歩かなければならないワサビ田が多い中、
歩いて5分で行ける貴重なワサビ田に皆様をご案内!

わさびってどうやってできるの?種を蒔く?花は咲くの?
なかなか馴染みの薄いわさびの栽培ですが、
その栽培方法は地方によって様々。
「小菅流」わさび作りは新しい発見がいっぱい!
収穫体験もできるかも?!


ワサビ田の見学の後は、おろしたてのふわふわのワサビとお醤油で頂く、
同じく小菅村特産のこんにゃくの試食会もあります!

市販のわさびとは一味もふた味も違う、
自然の辛みを是非ご堪能ください。


事前予約はNPOこすげ(0428-87-7055)まで!
定員は10名程度です。お早目にお申込み下さい。


※村ツアーは、JT NPO助成事業の支援を得て開催しております。

スポンサーサイト



夏の暑さも峠を超えたようで、
そよ風が気持ちいい小菅村です。


さて、夏の期間しばらくお休みしていた村ツアーですが、
先週よりまた開始いたしました。

今週の開催日は、8月29日
竹細工職人を訪ねるツアーです。

130827-1.jpg


ものづくりが好きな人たちが集まって始められた竹細工も
高齢化等の影響で人数が減ってしまいました。
それでも活動を続けてきた人たちがいるおかげで
興味のある人へと技は伝承されつつあります。

ツアーでは、制作現場へ移動して
職人からお話を聞いたり、実際に体験してもらったりしながら
作品の出来上がる工程を感じていただきます。

皆さんのお越しをお待ちしています。




開催日  8月29日(木)

行 程  13:50 小菅の湯玄関前 集合

           活動場所へ移動して見学・体験

      15:00 小菅の湯 解散予定

お申込み・お問合せは
NPO法人多摩源流こすげ 0428-87-7055 まで



= 小菅村ツアーは2013年度JT NPO助成 対象事業です =