FC2ブログ
今朝も小菅は朝日からのスタート。
でも、ここのところ天候不順なので雨に変わっているんですよね。

さて、本日は小菅村ツアーを開催します。

本日のメニューは、
「ヤマメの里こすげの養魚場を訪ねるツアー」

ヤマメはもちろん、イワナ、甲斐サーモンなど
育てている魚と施設の様子を若社長に案内してもらいます。

14時から1時間ほどのツアーです。
参加費は500円。

雨が降らないことを祈りつつ、
皆さんのお越しをお待ちしております!

P1100175.jpg

-小菅村ツアーは、2014年度 JT NPO助成事業です-
スポンサーサイト



6/24(火)に、法政大学市ヶ谷キャンパスにお伺いし、
人間環境学部の小島先生と朝比奈先生と打合せを行いました。

法政大学によるフィールドスタディは、文字どおりキャンパスを飛び出し
社会環境や自然環境を肌で感じ、さまざまな実体験を通して自らの問題意識を
高めようという目的で設けられているプログラムです。

そんな大事なプログラムの一部が小菅村で行われます!!
今年は8/19・8/20の2日間となりますが、スタッフ一同心よりお待ちしております。
(写真が掲載できなくてごめんなさい)
救急救命⑦

ほぼ毎週、土日に学生達の実習の受け入れをしている私たち。
農作業に林内作業、時には川を歩くこともあり、常に危険が伴います。そしてこれからは暑さも本格化していくし・・・こりゃあいざという時の備えが必要だなと。
そんなわけで、実習を主に担当している石坂、鈴木、森、金城の4人が受けてきました!!
残念ながら講習中の写真は撮れなかったので、鈴木、金城で三角巾を用いた傷の手当を再現してみました。


救急救命③
足首の固定をしています。傷病者の足首を90°に固定することがポイント!
ぐるぐるっと巻いて巻いて・・・



救急救命④
こうなります

333.jpg
端から見た様子(経理担当まっきーさん撮影):床屋にしか見えないかも

4.png
先輩にいじめられました…。
(いじめてません!:先輩より)




講習では、写真に挙げた三角巾による怪我の処置方法以外にも熱中症の症状の重さの判断の目安やその対処法や心肺蘇生法、倒れている傷病者の体位の変え方、その時に頭と首をしっかりと支えなければならないことやそのほかの注意点などを習いました。
けれど、講習3日目の演習では倒れている傷病者が「なぜ倒れているのか」の判断が難しく、どんな処置をするかまでの判断に時間がかかってしまいました。処置のテクニックよりもどの処置を選択するかの『状況把握』が難しいことに気付かされました。

最後の試験の結果がどうなるかは分かりませんが、3日間朝から夕方までみっちりの講習が終わった後は「やりきったーーーーーーー!!!!」という解放感でした。室内に引きこもりはツライ!!


救急救命⑥
2日間降り続いていた雨が最終日に上がり、それまで見えなかった富士山が顔を出しました!!!!!!



報告者:金城
わさび田近くのみちを歩いていたら、さわがにを発見しました。

村の方からは「昔はもっと道路を歩いていた」というお話をよく聞くので
昔は多かったようです。

IMG_2082.jpg
触ってみたら、意外とおとなしかったです。



また、家の近くでは「桑の実」がなっています。
一粒食べるとほのかに甘い。


IMG_2085.jpg
幸せな気分。

この桑の実がなくなるころには
小菅にも夏がやってくるかもしれません。
6月13日(金)に「NOS 百年の森づくり」と、
NOS(日本オフィス・システム株式会社)と株式会社i-NOS
合同による「新人研修」が行われました。

「NOS百年の森づくり」では、午前中に河村三代吉さんのわさび畑を見学し、
午後から「NOS 百年の森」において植栽活動を行いました。

P1120066.jpg
初めての植栽活動


P1120062.jpg
お天気に恵まれ、絶好の植栽日和でした


「新人研修」では、
午前中に白沢校舎において、小菅村及び全国の森林事情と村の取り組みについて講義を受け、
午後から植栽活動に合流、その後、コンニャク畑(掛け軸畑)や白糸の滝を見学しました

P1120023.jpg
新人研修:講義の様子


NOS白糸
白糸の滝:マイナスイオンを浴びてきました


新人研修の合間に、4月19日にNOSの皆さんが植付を行ったジャガイモ畑を見学しました。
順調に育っていますので、収穫の折には新人さんのご参加もお待ちしております!


NOSじゃがいも
じゃがいもの葉っぱが青々としています


NOS、i‐NOSの社員の皆さま大変お疲れ様でした!