FC2ブログ
山を歩いているとき

「あの植物なんだろう・・?」

と思うことはありませんか?

そんな疑問に答えるべく、
植物の専門家に来ていただき
源流体験の道を歩きながら
スタッフ向けの植物勉強会を行いました。

t2015052001.jpg

これはなんだろう・・と上を見上げるスタッフ一同。
この木はミズメ(ヨグソミネバリ)というそうで、
枝を折ると湿布のにおいが!
面白いですね。

それから小菅に多いのがカエデ!もみじですね。

t2015052002.jpg

これは「ヒナウチワカエデ」。
日本は世界でもカエデの種類が多いそうで、
ヨーロッパやアメリカ大陸では2~3種類ずつしかないそうですが
日本はなんと30種類ほどもあるとか!

スタッフもあまりの多さに頭を抱えていました・・。

それから村の花といえば「ミツバツツジ」!
t2015052003.jpg

葉っぱが三つに分かれているのでわかりやすいですね。

そして村の木「ヒノキ」(天然です!)
t2015052004.jpg

村の木として定められた際、
「天に向かって真直ぐに伸びゆくその姿は、小菅村民の気質と相通じるところがある。」
と書かれているそうです(昭和44年5月1日 告示第4号)。


今日勉強した植物はなんとおよそ70種類!
まだまだあるそうで植物マスターへの道は遠いですね・・。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://npokosuge.blog90.fc2.com/tb.php/306-bf92282c